NFT

NFTアートは稼げない?初心者がNFT副業で稼ぐ方法【2022年最新】

この記事で解決する悩み

  • 「NFTは副業で稼げるの?」
  • 「そもそもNFTって稼げるの?」
  • 「NFTで稼ぐ方法を知りたい」

この記事では「NFTで具体的に稼ぐ方法」を紹介しています。

知識ゼロ、全くの初心者でも始めることができるように6つの方法をお伝えします。

あなたに合った、NFT副業で稼ぐ方法がわかりますよ。

まず「NFT副業で稼ぐ方法」を厳選した6つの方法で紹介しています。ぜひ読み進めてみてくださいね。

ちなみにNFTを始めるにはETH(イーサリアム)などの仮想通貨が必要になるので、ビットフライヤーで購入しておきましょう。

ビットフライヤーで無料口座開設する

NFT副業で稼ぐ方法6選【2022年最新】

財布にお金を入れる男性

NFT副業で稼ぐ6つの方法

  • NFTに長期投資する
  • NFTを短期トレードで稼ぐ
  • NFT関連の仮想通貨に投資してみる
  • NFTを販売する
  • NFTのゲームで稼ぐ
  • NFTアフィリエイトで稼ぐ

①:NFTに長期投資する

NFTのプロジェクトの将来性に投資することです。

デジタルアート、メタバースの土地、トレーディングカード、何でもいいんですが安く買って高値で売ります。

今稼ぎやすいのはpfp市場。

pfpとは

SNSで使われるデジタルのアイコンのこと
カソマ
←この顔の画像のことです

値段の高いものだと数千万、数億円の世界…驚きの価格ですよね。

有名なものだとCryptoPunks(クリプトパンクス)やBAYC(ベイシー)でしょうか。見たことがある方もいるかもしれませんね。

CryptoPunks(クリプトパンクス)

クリプトパンクスは2017年にできたもっとも古いNFT。ドット絵で描かれており、1万体のみでデザイン全て違います。

BAYC(ベイシー)

退屈そうな顔をした猿のNFTです。高額の取引で4億近くで取引されています…

CNP

海外はCryptoPunks、BAYCが有名ですが、国内だと「CNP」でしょう。

国内NFTの先駆者、インフルエンサーのイケハヤさんが先導を切っているプロジェクトですね。

イケハヤさんのNFTの記事も、基礎から具体的な稼ぎ方まで網羅した最新情報満載の記事でした!

>>イケハヤさんの「NFTで稼ぐ方法徹底解説」

②:NFTを短期トレードで稼ぐ

お金を手にし喜ぶ男性

長期とは反対に短期トレードで稼ぐ方法です。

販売当日に購入して、値上がりしたらすぐに売る。

ただ金額的には大きくなりません。安く買って高く売る。流行る前に買って、流行ったら売る。商売の基本なので今さら言うことではないかもですが、、

ちなみにNFTでは購入する=mintするといいます。

NFTの場合はWL(ホワイトリスト)をゲットするのが重要です。

ホワイトリストとは

NFTを優先して購入できる権利のこと。NFTを安く購入できるメリットがあります。

プロジェクトにより変わりますが、大体が以下のような場合が多いです。

  • プロジェクトとの貢献者になる
  • Twitterなどでくじに当たる
  • ブログなどで紹介する

とはいえ貢献者になるには、時間も労力もかかるので、本当に応援したいプロジェクトでないと厳しいかと。

OpenSeaで二次流通を狙うというのもありですね。

puzzle_person
NFTデジタルアートの始め方を6つの手順で解説【超初心者編】

この記事で解決する悩み 「NFT初心者で何から始めていいかわからない…」 「NF ...

続きを見る

③:NFT関連の仮想通貨に投資してみる

複数のパソコン画面にチャートが映っている

代表的な仮想通貨

  • ETH(イーサリアム)
  • Enjin Coin(エンジンコイン)
  • SAND(サンド)
  • パレットトークン
  • マナ

Enjin Coin(エンジンコイン)

代表的な仮想通貨は「Enjin Coin(エンジンコイン)」

独自のプラットフォーム「Enjin platform」があり、アイテムをNFTにして取引できるのが特徴です。

SAND(サンド)

NFT関連の銘柄で将来性を感じるのはSAND(サンド)ですね。

SAND(サンド)とは

The Sandbox(サンドボックス)内で使用される通貨のこと

The Sandbox(サンドボックス)は、3D空間で行われるゲームのことです。

14万点以上のオリジナルアバターで遊べます。デジタル空間上のもう1つの地球といったところでしょうか。

サンドボックスはメタバース上の土地「LAND」を販売しており、大手企業(アディダス、グッチ、エイベックスなど)がSAND内の土地を購入して話題になりました。

エンジンコインやSANDはコインチェックで500円から購入できます。

なおエンジンコインはコインチェックのNFTマーケットプライス事業と業務提携中!

コインチェックで無料口座開設する

④:NFTを販売する

実際に自分でNFTを作って販売してみるという手もあります。

小学生のNFTアートが380万円で売れたことも話題に。

インドネシアでも自画像が1億円の取引されています。

NFTの業界では、副業から始めてる方がほとんどです。底辺営業マンから100日で人生を変えた「うじゅうなさん」が有名でしょうか。

>>うじゅうなさんの公式Twitter

世界のNFT市場は少し冷え込んでいますが、日本の場合は時代の波が海外より遅れてくるので、今盛り上がっています!

ETH(イーサリアム)のブロックチェーンだと費用はかかりますが、ポリゴンというブロックチェーンを作れば、初期費用0円で自分のNFTを出品できますよ。

⑤:NFTのゲームで稼ぐ

ゲームで稼ぐ

  • Sorare(ソラレ)
  • The Sandbox(サンドボックス)
  • Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)
  • STEPN(ステップン)
  • SweatCoin(スウェットコイン)

ゲーム内で稼ぐ方法は「Play to Earn」と呼ばれています。その名の通りゲーム内をプレイして稼ぐことです。

サッカーゲームのSorare(ソラレ)やAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)が有名ですね。

歩いて稼ぐゲームだとSTEPN(ステップン)、SweatCoin(スウェットコイン)。

歩いたりゲームをすると独自のトークンがもらうことができます。トークンはゲーム内のレベル上げや、アイテムを購入するときに使用できます。

トークンは仮想通貨と交換できるので、ゲームをすればするほど仮想通貨が貯まる仕組みです。

ゲーム内でトークンが増える=仮想通貨も増える

次々とNFTに大手が参入しています。

⑥:NFTアフィリエイトで稼ぐ

NFT情報サイトを作ってアフィリエイトで稼ぐやり方です。

実際に経験したことをブログで発信したり、新しいプロジェクトの情報を発信していきます。

まさに当サイトがそうですね。

詳細は下記の記事で紹介しています。

ライティング
仮想通貨・NFTブログで初心者が月5万を稼ぐ方法【始め方5ステップ】

この記事で解決する悩み 「仮想通貨やNFTのブログを始めてみたい」 「仮想通貨ブ ...

続きを見る

NFTが稼げる理由

お金と実業家

NFTが稼げる理由

  • NFT市場の盛り上がり
  • インフルエンサーの参入
  • 大手企業や有名人が多数参入

NFT市場の盛り上がり

NFTの世界の市場規模は拡大し続けていますね。2021年に比べてなんと278倍!


中国のNFTプラットフォーム数も4ヶ月で5倍に成長しています。これからさらに増えていきそうですね。

日本も何とか世界に取り残されないように、ついて行って欲しいところ!

インフルエンサーの参入

「鴨頭さん」「イケハヤさん」「けんすうさん」「西野亮廣さん」ビジネス系インフルエンサーがドンドン参入しています。

インフルエンサーが「これからはNFT!」と拡散しているので、新規のユーザーが加速度的に増えていますね。

鴨頭さんはYouTubeの登録者数100万人以上。

「web3おじさん1万人育成計画」「寝ても覚めてもNFT」と掲げいるので、さらに相当な数のユーザーが入ってくるでしょうね。

大手企業の参入

ナイキ、アディダス、エルメスなど大手企業が次々に参入しています。

エルメス

NFTの魅力とは

NFT_PCをする男性

NFTって単なる画像じゃないの?っいう声をよく耳にします。
確かにただの画像です…

これだけ人を熱狂させる魅力は大きくわけて3つですね。

NFTの魅力

  •  エンジェル投資
  • 自分のアイデンティを表現
  • 証明書に使われる技術

 エンジェル投資

NFTはエンジェル投資の要素が強いです。

エンジェル投資とは

立ち上がったばかりのベンチャー企業に投資すること

シンプルに頑張ってほしい人やプロジェクトを応援して、上手くいったらみんな利益を得るってことです。

普通の応援だけだったら、満足感とか、ありがとうの声ぐらいしかないと思うんです。もちろんそれが悪いわけではないんですよ。

ただ推しのアイドル、漫画家、クリエイター、誰でもいいんですけど、「応援するためにグッズ、チケット、商品、買いました。以上!」って感じじゃないですか。

間に入っているマネジメントする会社にほとんど持っていかれますし…

NFTだと、応援する相手にもダイレクトに資金が渡り、購入したものの価値が上がれば、自分にも利益になります。

変な中抜きもあいので、クリエイターも応援する人にとっていいと思うんです。

自分のアイデンティを表現

今のNFTといえば、SNSのアイコンに使われる画像(PFP)ですね。そのアイコンを見れば、その人の価値観が見えます。

例えば、今国内で盛り上がっているCNPのNFTをTwitterアイコンにしていれば、「仮想通貨やNFTに興味がある」「新しいことが好き」「チャレンジする人」「個人で稼ぐ力をつけたい人」みたいなことがすぐわかります。

カソマ
ブランドにも近いかもですね。

パタゴニアの服ばっかり着てる人だったら、「アウトドア派で環境にも興味がある人なんだな。」とか日本でテスラに乗ってたら、「なんか最先端でイケてるっぽい。」みたいなのがあるじゃないですか。

そんな自分を表現する最先端のツールとしての魅力があります。

証明書に使われる技術

今は特定のコミュニティの会員証や所属証明書ぐらいで使わますが、これからは正式な証明書に使われていく技術ですね。

注目されているのが、ソウルバウンドトークン(SBT)

ソウルバウンドトークンとは

売ったり買ったりできないNFT。譲渡不可能なNFT。唯一無二の証明書。

運転免許やパスポート、卒業証書、職歴、資格などの証明に使われるでしょう。

今って学歴や職歴の改ざんっていくらでもできる状況じゃないですか。

雇う方も大企業だと過去の会社の上司の推薦書を提出するとか、できるのはその程度ですよね。中小企業だとそれさえもできない…

NFTだとウォレットを見れば、全てが筒抜けですからね。ソウルバウンドトークンを使うと、どんな資格を取って、セミナーに参加して勉強したとかもわかっちゃいます。

まとめ:NFTアートは可能性しかない

NFTは以前から流行ると言われていましたが、ここ半年ぐらいでインフルエンサーの方の影響で、グッとNFTに触れる人が増えてきましたね。

とはいえまだまだ購入者は1万人以下…今NFTを持っている人は最先端を行ってるといっても過言ではないでしょう。

ぜひこれからさらに盛り上がるNFTを副業やポートフォリオの一部として入れてもいいんじゃないでしょうか。

NFTを始めるにはETH(イーサリアム)などの仮想通貨が必要になるので、ビットフライヤーで購入しておきましょう。

ビットフライヤーで無料口座開設する