仮想通貨

Astar Network(ASTR)の将来性や今後がヤバイ?ステーキングのやり方は?

「Astar Network(アスターネットワーク)について詳しく知りたい」

「Astar Network(アスターネットワーク)の将来性や魅力は?」

「Astar Network(アスターネットワーク)のステーキングのやり方は?」

本記事はそんな疑問にお答えします。

Astar Network(アスターネットワーク)は日本人が代表を務める数少ないプロジェクトの1つとして非常に注目されています。注目される理由や特徴、将来性などリスクも含めて色々な角度から調査しました!

先に結論からお伝えします。

  • Astar Networkは日本発のブロックチェーン&仮想通貨
  • 資金提供している企業や投資家をみると将来性や期待度がわかる
  • Astar Networkは独自のステーキング「dAppsステーキング」を行っている
  • 現在、海外の取引所でのみステーキング可能

それではAstar Network(アスターネットワーク)について詳しくみていきましょう!

今注目のAstar Network(ASTR)

Hub on Polkadot 引用元:Astar Network

Astar Network

読み方:アスターネットワーク
略称:ASTR
通貨名: Astar
ブロックチェーン:Astar Network

日本発のブロックチェーン&仮想通貨で「WEB3.0の実現」「WEB3.0の基幹インフラ」に取り組んでいます。

イメージはブロックチェーンの「VISA」のようなサービスです。世界中どこでもVISAカードで決済できますよね。海外で使っても、日本の銀行からちゃん引き落とされます。

ブロックチェーンの世界も同じように、どのブロックチェーンも繋げてどこでも誰でも利用できる世界を「Astar Network」は目指しています。

下記の動画は代表の渡辺さんが目指す世界観について話されています。(クリックするとその場面から始まります)

Astar Network(ASTR)の特徴3つ

Astar Networkの説明引用元:Astar Network

  • 日本発のブロックチェーン&仮想通貨
  • ポルカドットのパラチェーンの1つ
  • 多くの開発者を惹きつけるASTRトークン

日本発のブロックチェーン&仮想通貨

Astar Network(ASTR)の魅力の1つは日本人が携わっている数少ないプロジェクトの1つということです。

「StakeTechnologies 株式会社」がプロジェクトを進めており、先ほどの動画の渡辺創太さんが代表取締役です。日本の税制の問題で現在はシンガポールに拠点を置いています。

渡辺創太さんは明治維新が好きで、「海外から銀行を持ってきた渋沢栄一のようになりたい」「DAOの世界を日本に持ってくる」と話しており海外からの逆輸入を目指しています。

ポルカドットのパラチェーンの1つ

ポルカドット

異なるブロックチェーンをお互いに使えるように特化したブロックチェーンです。スマートコントラクトを実装していません。

スマートコントラクト

プログラム上で契約が自動で実行される仕組みのこと。駅で切符を買ったら、自動で計算されてお釣りと切符が出てくる。そんなイメージです。

そこでAstar Networkはポルカドットの弱みを補うために「ブロックチェーンの接続機能の強化」「スマートコントラクトのサポート」を行なっています。

パラチェーンやリレーチェーンなどありますが、ここではポルカドットと他のブロックチェーンを繋ぐ。ポルカドットにスマートコントラクトが実装できるサポートをしている位の理解でいいかと。

多くの開発者を惹きつけるAstar Network(ASTR)のステーキング

ステーキング

自分で持っている仮想通貨をブロックチェーン上のネットワークに参加すると、報酬がもらえる仕組みのこと

ステーキングについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
>>イーサリアム(ETH)のステーキングはいつまで保有する?注意点は?

Astar Network(ASTR)は独自のステーキング「dAppsステーキング」を行っています。通常のステーキングと違う点は、資金が開発者に40%報酬として支払われることです。
※もちろんユーザーにも利子は支払われます

現在のブロックチェーン業界の問題点は、売上が立つまで開発者の収入がなく、さらに手数料の負担もあることでした。「dAppsステーキング」で開発途中でも報酬を受け取ることができ、ますます開発者にとってもメリットのあるプロジェクトになってきました。

今後の上場や将来性は?NFT市場にも参入中!

スポンサー引用元:Astar Network

結論:将来性あり。理由は下記です。

  • 有名企業や個人投資家から多額の出資
  • 多くの企業やプロジェクトと提携している
  • これから15個以上のプロジェクトのローンチを予定

有名企業や個人投資家から多額の出資

1番の理由はこれですね。

  • Microsoft
  • 本田圭佑選手(元サッカー日本代表)
  • ギャビンウッド氏(イーサリアムの共同創設者)
  • Binance(世界最大級の仮想通貨取引所)
  • コインチェック(国内最大級の仮想通貨取引所)

名のある企業や名前がずらりですね。

「Microsoft」は資金だけでなく、開発やマーケティングの支援もしています。他にもAstar Network(ASTR)はWEB3.0財団から助成金を7回、アラメダリサーチからも資金提供を受けており、期待の高さがうかがえます!

※アラメダリサーチは仮想通貨専門の投資会社(暗号資産デリバティブ取引所FTXの親会社)

ちなみにAstar Network(ASTR)は2022年4月現在は海外の取引所のみの取り扱いですが、今年中にコインチェックで上場する可能性も高いと言われています。

Astar Networkは、複数のブロックチェーンと接続することができるので、様々なブロックチェーンに繋がりDeFiサービスを提供中。

今後レンディングサービスや暗号資産ローンの他、春には15個のAstar Networkプロジェクトをがローンチされる予定です。

NFTも盛り上がっています。

https://twitter.com/oshin_ikumen/status/1518969395472568321?s=21&t=c-UO7O7EFzHOPxh2DdA7rA

Astar Network(ASTR)のリスク

暗い空と大きな波

ETH2.0のアップデート

ETH2.0のアップデート状況によっては、Astar Network(ASTR)が大きな影響を受けることがあるかもしれません。

イーサリアム(ETH)は手数料の高騰が問題で現在ETH2.0のアップデート中。

イーサリアムの手数料問題が解決したあと、ポルカドットのニーズが減り、ポルカドットはAstar Networkの親会社のようなものなので、並行してAstar Networkの価値も下がる可能性はあります。

値段が不安定

Astar Network(ASTR)は2022年1月17日に立ち上がったばかりの草コインです。

草コイン

知名度も時価総額もまだまだ低い仮想通貨のこと

ブロックチェーンの世界は移り変わりが激しいので、Astar Networkを上回るブロックチェーン技術やETH2.0の影響で価格が下がることもあります。とはいえどんな草コインもリスクはありますが、、

Astar Network(ASTR)のステーキングのやり方は?APYはいくら?

Astar Network(ASTR)でも、ステーキング開始。APY50%という数字が出ていますね。


海外の大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)でもステーキングが可能です。やり方はシンプル。

海外の取引所を利用するには

  1. 国内の暗号資産取引所で通貨を入手する
  2. 入手した通貨を海外の暗号資産取引所に送金する
  3. 海外取引所でASTRをステーキングする

Astar Network(ASTR)の購入方法!仮想通貨の取引所はどこ?

海外のビル群の風景

  • Binance(バイナンス)
    ※世界最大級の仮想通貨取引所
  • Kraken(クラーケン)
    ※世界最古の仮想通貨取引所
  • Coinbase(コインベース)
    ※米国の仮想通貨取引所
  • Gate.io(ゲート)
    ※700種類以上の仮想通貨の取り扱い
  • KuCoin(クーコイン)
    ※香港が拠点
  • BKEX(ビーケーイーエックス)
    ※中国の仮想通貨取引所
  • KAGLA
    ※ステーブルコインに特化したDEX

購入方法は先ほどのステーキングと同じような流れです。

海外の取引所を利用するには

  1. 国内の暗号資産取引所で通貨を入手する
  2. 入手した通貨を海外の暗号資産取引所に送金する
  3. 海外取引所でASTRを取引する

まとめ:シンプルに日本発のブロックチェーン&仮想通貨魅力的

富士山から朝日が昇っている

  • Astar Networkは日本発のブロックチェーン&仮想通貨
  • 資金提供している企業や投資家をみると将来性や期待度がわかる
  • Astar Networkは独自のステーキング「dAppsステーキング」を行っている
  • 現在、海外の取引所でのみステーキング可能

日本の若者がクリプトの最前線いることがシンプルに心惹かれました。日本も円安、スタグフレーションなど良いニュースがないです。ぜひWEB3.0の世界で活躍してほしいですね。

代表の渡辺さんの言葉で印象的に残った言葉「誰にもできることを誰にでもできないくらいやる」

どのビジネスでも本質は変わらないんですね。これからも注目していきます。