仮想通貨

イーサリアム(ETH)のステーキングはいつまで保有する?注意点は?

・イーサリアムのステーキングを詳しく知りたい。

・イーサリアムのステーキングのメリットや注意点は?

・いつまで保有しないといけないの?

本記事はそんな疑問を解決します。

イーサリアム(ETH)のステーキングサービス開始をクラーケンジャパンが発表しました。ただステーキングサービスが何で、どんなメリットがあるんでしょうか。

先に結論からお伝えします。

イーサーリアム2.0の移行が完了するまで、保有する必要があり。

移行完了の時期は未定。

それではさらに詳しくイーサリアムのステーキングの魅力や詳細をみていきましょう。

そもそもステーキングって何?

イーサリアムとグラフ

ステーキング

自分で持っている仮想通貨をブロックチェーン上のネットワークに参加すると、報酬がもらえる仕組みのこと

いまいちわからない方もいるかもしれません。

銀行の利子や不動産、株をイメージするとわかりやすいです。

・銀行にお金を預ける
⇒利子が返ってくる。

・仮想通貨のプロジェクトに仮想通貨を預ける
⇒報酬(仮想通貨)がもらえる。

・不動産
⇒家賃収入

・株
⇒配当

・仮想通貨
⇒ステーキング

仮想通貨版のインカムゲインですね。

値段が低い時に売って、高い時に売り差益を得るキャピタルゲインではなく、長期的に持っておいて、利益を得れるのがメリットです。

ちなみに今注目の「DeFi」もインカムゲインとしては魅力的です。

>>DeFiとビットコインの違いは?DeFiのやり方や稼ぎ方を徹底解説!

イーサリアムがステーキングに参入

男性が夕陽を眺めて立っている

ステーキングのイーサリアム版をクラーケンジャパンが開始。

Kraken(クラーケン)

・米国サンフランシスコに本拠地のある最古の暗号資産取引所の一つ

・イーサリアムステーキングにおいては最大のシェア

「これの何が凄いの?」と思う方もいるかもですが、注目すべきは2つです。

・イーサリアムでインカムゲイン

・イーサリアム2.0の移行

イーサリアムでインカムゲイン

先ほども言いましたが、今まで、仮想通貨の投資といえば、価格の変動で売り買いで利益を得るキャピタルゲインが主な手法でした。

ただ、仮想通貨の投資もキャピタルゲインだけでなく、インカムゲインが可能に。

ビットコインに次ぐ人気を誇るイーサリアムが、ステーキングできるようになり注目が集まっています。

イーサリアム2.0の移行

もう一つがイーサリアム2.0の移行です。「イーサリアム2.0の移行=PoSへの移行」と思ってください。

ビットコインもイーサリアムのマイニング方法は、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)。

PoWとは

ビットコインなど仮想通貨の承認方法。

ビットコインのセキュリティーの役割もあり。

Proof-of-Workの略。

日本語に訳すと「仕事量の証明」と意味です。訳の通り、マイニングするには多くの労働力が必要で、合わせて電気を消費も大量。

PoWのマイニング方法は、環境面の悪影響があり問題視されています。電気量の消費は、小さな国の電気量より多いとの話も、、

現在イーサリアムはPoWを採用していますが、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の移行を進行中。(=イーサリアム2.0)

PoSとは

PoWに代わる承認方法。

高度な計算を行わず、保有する期間や量によって承認を決定する仕組み。

PoSのシステムにより、エネルギー量も99.95%削減されるという試算もあります。PoWから環境に配慮したPoSに移行してきてるんだなぐらいの理解でいいかと。

イーサリアムのステーキングの利回りや注意点は?

ビジネスマンがグラフをみている

利回りは年利4%以上(基本は1週間に1回の報酬算定)。ただ、注意点は以下です。

・イーサリアム2.0に移行するまで動かすことができない

・4%を確約していない

・32ETH(=約1000万*)以上のステーキングが必要(*20223月現在)

ステーキングするとアップグレードが完了するまで、売却や承認など動かすことはできません

イーサリアム2.0の移行の具体的な日時は発表されていませんが、2022年11月頃だと噂されています。

利回りに関しては、当たり前ですが、投資なので絶対の保証はありません。とはいえ、4%以上の上振れも普通にあるので、

「仮想通貨に興味はあるけど、値段の上下が激しすぎるのはちょっと、、」
「すぐに使うお金ではない」

という方におすすめです。ただ、32ETH以上を持ってる人はだいぶ少数ではないかと、、もっと少額から始められないのかと僕自身、正直思いました。

調べたところ、「Lido」という仮想通貨を発見。アンドリューセンホロビッツが80億の投資を行った今注目の仮想通貨です。

米VCアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が、イーサリアムのステーキングを提供するリドファイナンス(LidoFinance)へ約80億円(7,000万ドル)を出資したことが3月3日分かった。

DAOのガバナンスによる分散化を図りながら、ETHや他のPoS資産をステークする最も簡単な方法の一つを提供しているリドはステーキングを民主化します

引用元:あたらしい経済

これから仮想通貨のステーキングが、一般的になっていきそうで楽しみです。

まとめ:これからのステーキングサービスに期待

女性が「いいね」と両手をあげている

・イーサリアムが2.0の移行を進めている
・イーサリアム2.0はPoWからPoSの移行
・32ETHからステーキング可能
・少額から始められるステーキングサービスも出てきている

イーサリアム2.0の移行が完了しても、さらに少額からステーキングできるサービスがどんどん増えてきそうですね。