DeFi

DeFiとビットコインの違いは?DeFiのやり方や稼ぎ方を徹底解説!

「そもそもDeFiとビットコインの違いがわからない、、」

「DeFiのやり方や稼ぎ方はどんな方法がある?」

「DeFiは稼げるって聞いたけど、なんで稼げるの?」

本記事はそんな疑問にお答えします。

驚異的な利益率、とにかく稼げる噂が絶えない「DeFi」。ただ「稼げる」と聞くと怪しさやリスクも気になるところです。今回はDeFiについて深堀りしていきます。

先に結論からお伝えします。

  • DeFiとビットコインの違いは、「DeFi=資金を預ける場所」「ビットコイン=資金」
  • DeFiで管理者なしの銀行業務が成り立っている
  • DeFiの関連銘柄のほとんどが海外の取引所で購入する
  • DeFiで稼ぐならイールドファーミング

それではDeFiの魅力や詳細をみていきます。

DeFiとビットコインの違いは?

オーロラを眺める青年

DeFiとビットコインの違いは、「お金」と「銀行」で例えるとわかりやすいです。

「ビットコイン=お金」

「DeFi=銀行」

現在のお金と大きく違うのは、ビットコインは「暗号資産」で紙や硬貨など現物がない。DeFiは「仮想通貨の銀行」みたいなイメージです。もう少し深堀りしていきます。

ビットコイン

『暗号資産(仮想通貨)の1つ』

『仮想通貨の中でもっとも流通している』

『単位は1BTCで表される』

お金にも「ドル」や「円」「ポンド」があるように、たくさんある仮想通貨の1つです。

DeFi

『管理者のいない金融サービス』

DeFiは「分散された金融」「未来の金融サービス」など色々と言われますが、要するに仲介がない金融システムです。

現在の金融サービスは国が管理してお金を発行したり、銀行が間に入ってお金の貸し借りをしたりしますよね。

DeFiは「スマートコントラクト」という技術を使って仲介なしで銀行業務を行っています。

スマートコントラクト

プログラム上で契約が自動で実行される仕組みのこと

駅で切符を買ったら、自動で計算されてお釣りと切符が出てくる。そんなイメージです。

管理者なしで銀行業務が成り立っていることが「金融の革命」と言われる理由ですね。よくわからない方は、仲介がない金融サービスができたんだと思ってもらえればいいかと。

DeFiはなぜ稼げる?稼ぎ方をわかりやすく解説

複数のパソコン画面にチャートが映っている

DeFiは注目のサービスなので資金が大量に集まっています。

利息も大きくなるのは当然ですが、その分の価格変動も大きいことは十分に頭に入れておきましょう。稼ぎ方は大きく分けて2つです。

DeFiの銘柄に投資する
⇒売買の差額で稼ぐ
DeFiに資金を預ける
⇒仮想通貨を貸して利息で稼ぐ

DeFiの銘柄のほとんどは海外の取引所で販売されています。以下がDeFiを買う、預けるまでのざっくりとした手順です。

  1. 国内の取引所で口座を開く
  2. 送金するための仮想通貨を買う
  3. 海外の取引所に送金する
  4. 海外の取引所でDeFiの関連銘柄を購入
  5. 海外の取引所を通してプロジェクトに資金を預ける

海外に送金するときは、アドレスのミスに特に注意してください。

DeFiの銘柄に投資する

DeFi関連の銘柄を日本の取引所で買えるのは、イーサリアムくらいです。ほとんどの銘柄は海外の取引所で購入します。

※海外で1番有名な取引所は、Binance(バイナンス)

ちなみに海外の取引所にイーサリアムやリップルを送金するには、ウォレットが必要になります。

ウォレット

仮想通貨を入れるお財布

MetaMask(メタマスク)が1番有名

DeFiに資金を預ける

DeFiに資金をpoolします。

その名の通りでっかいプールに仮想通貨を貯めこむイメージでいいかと。資金は「DEX」を通して預けます。

DEX

「分散型の取引所」
⇒「PancakeSwap」「Compound」「Uniswap」

ちなみに反対の「中央集権型の取引所」は「コインチェック」「ビットフライヤー」「GMOコイン」などの取引所のことですね。企業が管理しているのか、プログラムで契約が自動化されているかの違いです。

資金を預けて利益を得る方法は大きくわけて以下の3つ。

・イールドファーミング

・レンディング

・ステーキング

イールドファーミング

「DeFiは稼げる」と話題になったのはイールドファーミングがきっかけです。

イールドファーミングの1番のメリットは利息とガバナンストークンの両方をもらえること。

ガバナンストークンは参加投票権とも言われますが、株をもらえるイメージですね。先ほど説明した流れで利息とガバナンスをゲットしていきます。

  1. 国内の取引所で口座を開く
  2. 送金するための仮想通貨を買う
  3. 海外の取引所に送金する
  4. 海外の取引所でDeFiの関連銘柄を購入
  5. 海外の取引所を通してプロジェクトに資金を預ける

レンディング

仮想通貨を取引所に預けて利息をもらう仕組みのこと

銀行が会社や個人からお金を貸して、金利で稼ぐイメージです。安全性は高いですが、人件費や維持費がかかるので利息は5%ほど。

ステーキング

取引所が指定した仮想通貨を保有することで利息がもらえるサービス

DeFiでなくても日本の大手取引所でも行われています。クラーケンジャパンが「イーサリアム」のステーキングサービスを行い話題になりましたね。

>>イーサリアム(ETH)のステーキングはいつまで保有する?注意点は?

ただ投資するのであれば、DiFのメリットやデメリットを理解した方がいいので、次の章で簡単にまとめます。

DeFiのメリット【凄さ】

夕日を背景に喜びでジャンプしている男性

・金融機関を介さない

・誰でも使える

・分散性と透明性

・高い収益性

メリットはたくさんありますが、ここでは4つに絞って紹介します。

金融機関を介さない

金融機関が間に入らないので、以下のように銀行のデメリットを補います。

・紙とハンコの文化
⇒全てデジタル完結世界中どこにいても利用可能

・個人情報が取られる
⇒取られない

・手数料が高い
⇒安い

・送金に時間がお金がかかる
⇒かからない

・銀行口座を作れない人がいる
⇒誰でも口座が作れて給与振込できる

・営業時間の制限
⇒24時間365日

誰でも使える

個人的に1番の凄さはこれだと思います。

誰でも金融サービスが使える。

DeFiには個人情報が必要ないので、誰でも利用できます。生まれた国の環境で、口座が作れず金融サービスを受けれない方にメリットが大きいです。(世界で17億人以上)

ちなみにDeFiはオープンソースなので、開発も誰でも参加可能。クラウドファンディングの立ち上げや保険の購入もできます。

中央管理者がいない

今までの金融サービスは全て管理者が必要でした。(DeFiは中央管理者なし)

管理者がいない代わりに、スマートコントラクトというプログラムコードが仲介の役割りをしています。

先ほども伝えましたが、イメージは自動販売機です。

120円を自販機に入れたら、ジュースが出てくる。駅で切符を買ったら、自動で計算されてお釣りと切符が出てくる。そんな仕組みがDeFiでは行われています。

DeFiの透明性、分散性

・リスクをブロックチェーンで分散している
・世界中の人の財布が丸見え

ブロックチェーンの情報は全てオープンになっています。

仮に情報を全て盗まれても、全てブロックチェーン上でみることができます。ということはDeFiの財布の中身も全て丸見えな状態。誰が何にどれくらい運用してるのもわかります。

高い収益性

・利回りが高い
・イールドファーミングに参加可能

DeFiを利用することで、世界中の人と個人的に繋がることができるようになりました。

高収益なのは、DeFiにお金が集まっているのも当然ですが、シンプルに仮想通貨を利用したい人(需要)が世界中にいるからですね。つまり世界中に貸し手がいる状態。

さらにイールドファーミングを利用し、高い利回りとガバナンストークンの両方をもらうことが高い収益性の理由です。

DeFiのデメリット

・ハッキング

・詐欺

・価格変動が大きい

まだ始まったサービスで、これだけお金も人も集まっているのでリスクは当然あります。

ハッキングや詐欺の話はいたる所であるので、注意しましょう。

価格変動リスクはDeFiに限らず、仮想通貨でもFX、株、なんでもありますよね。ただ仮想通貨はたしかに変動は大きく、その分のリターンも大きいのですが、、

まとめ:DeFiは「金融革命」リスクとリターン両方大きい

壁に「CheGuevara」の絵が描いている

  • DeFiとビットコインの違いを例えると
    ⇒「DeFi=お金」「ビットコイン=銀行」
  • DeFiは管理者なしで銀行業務が成り立っている=「金融革命」
  • DeFiを使うために海外の取引所口座が必要になる
  • リスクもあるがリターンも大きい

今まで中央集権だった金融サービスが、管理なしで可能になりました。さらに大きく世界を変えて行きそうですね。

これからもDeFiのサービスの広がりに注目です。