仮想通貨

Libes(リベス) でステーキング?買い方やeスポーツ特化の魅力を調査!

「Libes(リベス) はステーキングできる?」

「Libes(リベス) の魅力を知りたい」

「Libes(リベス)のトークン(BES)はどこで買えるの?」

本記事はそんな疑問にお答えします。

eスポーツに特化したLibes(リベス)はテレビや雑誌にも取り上げられ注目を浴びています。

先に結論からお伝えします。

・Libes(リベス) はステーキングできる

・Libes(リベス) の魅力はeスポーツの唯一のプラットフォームを目指していること

・Libes(リベス)のトークン(BES)は海外の取引所で購入可能

それではみていきましょう。

Libes(リベス) とは

Libes

eスポーツのプラットフォームの1つ

競艇やtotoのようにチームにベッドする。他にも選手に投げ銭、大会シーンのNFTを購入できるサービスなどがあります。

Libes(リベス)1番の魅力は還元率です。

80%:ユーザー(利用者)
15%:eスポーツ選手
5%:運営側

という比率になっています。運営側の手数料の割合が

54%:宝くじ
50%:toto
15%:パチンコ

と考えるとLibesの還元率は魅力です。

Libes(リベス)のステーキングサービス

BESのステーキングサービスを図で説明している

Libesの中でBES」という仮想通貨のトークンが使用されます。

※「BES」=「Battle Esports Coin」の略

Liebs内において具体的に投資を行う方法は3つ。

・プレイヤーにベッティング
⇒投げ銭で選手を応援することが可能

・NFTの売買
⇒大会中のワンシーンをNFT化して資産化、所有。選手と一緒にプレーする権利の販売。

・ステーキング
⇒BESを保持するのみ

ステーキングしたBESでも配当が受け取れるのも魅力です。

Libes(リベス)のeスポーツに特化した魅力【将来性・課題】

将来性や魅力

将来性を感じるのはeスポーツ市場の唯一のプラットフォーム目指しているところです。eスポーツ市場は盛り上がっており、中国や韓国ではeスポーツ特区があるほど。

日本ではSBIグループが「SBI e-Sports」というプロチームを作るなど、大手企業もどんどん参入しています。

また有名企業LDHがアンバサダー許可したことや市と連携している点は、信頼アップに繋がっていますね。

三代目JSBのELLYさんがアンバサダー就任

大阪の大東市と連携

課題や不安点

気になる点は2点。

・公式ページに「億り人」「億万長者」「確実に富裕層」などの文字が並びすぎている

・「ゲームコインと法定通貨の交換」の賭博罪の可能性

公式ページの煽り感が強いこと。あとはYouTubeで調べるとあまりにカラフルなサムネのオンパレードなので、逆に大丈夫かなと少し不安になりましたね。

賭博罪についても少し気になる点ではあります。日本はギャンブルの法整備が厳しいので、、

とはいえ、事業としては非常に魅力的なので期待はしています。

Libes(リベス)のトークン(BES)はどこで購入できる?【買い方・購入方法】

海外のビル群の風景

BESを購入できる取引所は、以下の海外取引所のみです。

・IDCM
⇒香港の仮想通貨取引所

・Capex
⇒モンゴルの仮想通貨取引所

・Kanga Exchange
⇒メールアドレスのみで登録できる取引所

・LBank
⇒香港に拠点を置く仮想通貨取引所

まとめ:還元率が高く、将来性のあるプラットフォーム

・Libes(リベス)の魅力の1つはユーザーやeスポーツ選手への還元率

・Libes(リベス) の魅力はeスポーツの唯一のプラットフォームを目指していること

・Libes(リベス)のトークン(BES)は海外の取引所で購入可能

・「BES」を購入できる海外の取引所「IDCM」「Capex」「Kanga Exchange」「LBank」

イベントの実施予定や発表が遅れたりするところは、少し気になります。

ただこれから確実に伸びていくeスポーツという産業であること。totoのようなサービス、選手とトークン保有者のメリットを考えると非常に魅力的なプラットフォームなのは間違いありません。

今後の動向にも注目です。